〜新潟魚沼地方ゆかりの地酒とグルメで乾杯〜2月28日「日本酒入門講座 ぽちゃこの酒道」を渋谷で開催

イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:嶋田創)は、2月28日(金)に新潟県魚沼地方のお酒と郷土料理を楽しめるイベント『日本酒入門講座 ぽちゃこの酒道』(以下、本イベント)を、渋谷にあるイベントハウス型飲食店「東京カルチャーカルチャー」にて開催します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203029/img_203029_1.jpg
本イベントは、日本初のぽっちゃり女子のオシャレ雑誌「la farfa」のweb「@la farfa」にて、昨年末より連載を開始した「日本酒入門 ぽちゃこの酒道」を体験できる飲食型トークイベントです。日本酒ブームを牽引する「おちょこ女子」と呼ばれる日本酒ファンの女性を中心に、二十歳以上であれば老若男女問わずどなたでも楽しんでいただける内容となっています。

講師は、ソムリエの資格を持つ酒匠(唎酒師の上位資格)を迎え、さらに魚沼地方の「十日町酒米プロジェクト」に参加する8つの蔵元が大集合します。また、ゲストには「la farfa」の専属モデルで、web版の連載も担当する、もも&えんどぅーが登場します。2人と一緒に新潟県の魚沼地方ゆかりの地酒とグルメを堪能しながら、日本酒を楽しむためのポイントを学びます。

日本屈指の米どころであり、豪雪地としても知られる新潟県魚沼地方は、水にも米にも恵まれ、地酒もグルメも美味しい地域です。そこでお酒をつくる人の想いやお酒の裏側にある物語に触れ、そして何より最高の地酒とご当地グルメのマリアージュや、この地域の日本酒の魅力をたっぷりとお楽しみいただけるイベントとなっております。
以上

■ 『日本酒入門講座ぽちゃこの酒道』開催概要
日 時: 2020年 2月 28日(金) 18:30〜21:40 (18:30開場・料理提供開始)
会 場: 東京カルチャーカルチャー (渋谷区渋谷1-23-16 渋谷ココチ4階)
前売りチャージ券:3,300円(税別 試飲・試食込み・要1ドリンクオーダー)
(販売サイト)ピーティックス https://peatix.com/event/1407722
イープラス https://eplus.jp/
*前売りチャージ券が座席数の上限に達し次第、販売を終了します。ご了承ください。
参加蔵元: 魚沼酒造、白瀧酒造、高の井酒造、玉川酒造、新潟第一酒造、新潟銘醸、八海醸造、松乃井酒造場
講 師:山口直樹 (日本酒専門店「和食日和 おさけと」代表。酒匠、日本酒学講師、FBO専属テイスターの他に、調理師免許、ソムリエなどの資格を有し、酒文化・食文化のプロフェッショナルとして活躍中。)
ゲスト:もも、えんどぅー(雑誌「la farfa」専属モデル)
司 会:テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)
桑原善雄(十日町市役所 まちの営業マン)
サイト:http://tokyocultureculture.com/event/general/29801
主 催:イッツ・コミュニケーションズ株式会社
協 力:新潟県十日町市、「la farfa」(文友舎)

*記載情報は発表日現在のものです。予告なしに変更する可能性があります。

◆ステージプログラム
・日本酒を楽しく飲む3つのポイント
・そもそも日本酒ってどんなお酒?
・まずは知っておきたい!自分好みのお酒の見つけ方
・これを知ると食事が100倍楽しくなる!お酒と食事のペアリング
・蔵元ご紹介

◆試 食 (予定)
超濃厚クリーミーみやうちの豆腐 揚げスティック
妻有ポークの松之山温泉ロースト「湯治豚」
ご飯 十日町産魚沼コシヒカリ
いぶりがっこのポテトサラダ
妻有ポークのシュウマイ
妻有ポークのもつ煮
沢庵の油炒め
漬菜煮
かぼちゃサラダ
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/203029/img_203029_2.jpg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/203029/img_203029_3.jpg
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/203029/img_203029_4.jpg
イベントの様子(2017年、2018年開催)

≪十日町酒米プロジェクトとは?≫
新潟県十日町市が中心となって設立された十日町市酒米研究会による魚沼産の酒米を使い、豪雪地魚沼地方の水を使って魚沼地方の恵みを生かした地酒をつくろうと始まったプロジェクト。研究会には、魚沼地方ゆかりの8つの蔵元、農家、飲食系企業、JA十日町、新潟県、十日町市が参画し、蔵人が田んぼに足を運び、農家が蔵元に足を運び、心を通わせた地酒づくりが行われている。魚沼地方では、平成7年に「魚沼産コシヒカリ」が「新潟産コシヒカリ」から別建て上場して取引価格が上昇して以降、酒米の生産が減り続け、日本屈指の米どころでありながら酒米は地域外、県外のものに頼っていた。そんな中、平成29年に十日町市の呼びかけで、研究会が立ち上がり、酒米の生産を復活させてきている。

★過去の新潟グルメイベントレポート
http://tokyocultureculture.com/report/22889 (2017年12月01日開催)
http://tokyocultureculture.com/report/25475 (2018年8月28日開催)

★年末スペシャル「雪国A級グルメ祭 2018」〜渋谷で雪国地酒で乾杯!〜(ユーチューブライブ)
https://www.youtube.com/watch?v=2s2aihGE1B8&feature=youtu.be

表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203029/table_203029_1.jpg

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/203029/img_203029_5.jpg

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/0115/atp_200115_5303660160.html