新『おっさんずラブ』は四角関係。千葉雄大の小悪魔キスに大興奮

 2018年4月期に放送され、社会現象を巻き起こしたラブコメ『おっさんずラブ』の第2弾の放送が始まりました。その名も『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、土曜23時15分~)。今回は、航空会社を舞台に新シリーズとして話が展開されています。

◆はるたん、自分が描かれた大量のデッサンを見つける

田中圭(35)演じる、主人公の春田創一は航空会社でCAとして働いています。転職をしてCAになった春田は、晴れて初フライトの日を迎えるのですが、人助けをしていたことで打ち合わせに遅刻。機長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に「今回のフライトからはずれてもらう」と厳しい通告をされるのでした。

初フライトが延期となり、落ち込む春田は社内のロッカーを整理する仕事をします。しかし、そこで春田が見つけたのは、春田が描かれた大量のデッサンでした。

かなり精巧で細部まで描かれた自分のデッサンに動揺する春田。と、冒頭の10分でここまで描かれたのですが、相変わらずの愛されキャラのはるたん(春田)と、渋くてかっこいい黒澤に胸が熱くなります。テレビに向かって「おかえりー」と言わざるを得ません。

そしてこの無茶展開、最高に楽しすぎます。前作を裏切らないスタートをきった『おっさんずラブ』にもはや期待しか感じません。

千葉雄大の小悪魔キスに大興奮

その後、春田は副操縦士の成瀬竜(千葉雄大)と出くわします。仕事に厳しく、しっかり者の成瀬ですが、女性と別れ話で揉めており、春田はその現場に居合わせてしまうのでした。すると成瀬は「好きなヤツができた」と女性に言い、春田にキスをするのでした。

開始早々のこのシーンにSNSは大盛り上がり。千葉雄大の「小悪魔キス」と視聴者は大興奮。初回からかなり飛ばしてくれます。普段はツンとしている成瀬が春田にキスをして、「そういうことだよ?」と女性に言う際のキョトン顔もかわいすぎました。漫画から抜け出してきたような整った顔と仕草に、心が射抜かれてしまいそうです。

春田と成瀬のこのキスシーンを黒澤が目撃。絶叫こそしないまでも、顔を歪ませ動揺しまくる黒澤の表情は爆笑ものです。吉田鋼太郎の演技の独壇場と言っても過言ではありません。

◆足ドン!! 千葉雄大の見せ場がすごい

その後、無事初フライトを終えた春田はチームのメンバーとの絆を深めます。しかし、その後またしても成瀬が恋人と揉める場面に遭遇。成瀬は春田に足ドンをし、口止めをします。そして、それを目撃した整備士の四宮要(戸次重幸)が止めに入るのでした。

しかし、四宮が持っていた紙が風で吹き飛び、春田がその中身を見ると、なんと大量の春田のデッサンが描かれていたのでした。春田が社内で見つけた大量の自画像は四宮が描いたものだったのです。

この一部始終をまたもや黒澤が目撃。春田にキスをする成瀬、春田のデッサンを大量に描く四宮、そして春田を物陰から見守り続ける黒澤、ここで四角関係が完成するのでした。

そして黒澤が絶叫します「こちら恋の乱気流発生中、緊急事態発生!」。最高のシーンで初回が終わりました。

◆制作者の思いが伝わる、最高のエンターテイメント

次回は「恋の滑走路が大渋滞」というタイトルのもと、四角関係が本格的に動き出すようです。

年齢も性別も関係ない、大人の本気の恋愛を描いた前作『おっさんずラブ』の期待を今作も裏切りません。制作に携わる全ての人総動員で、「視聴者を楽しませてやろう」と意気込んでいるのが画面から伝わってきます。セリフ、演出、小物一つ一つまで考え抜かれています。初回は笑い要素が盛りだくさんだったのですが、面白いだけが『おっさんずラブ』ではないはずです。人を本気で愛することがドラマのテーマでもあると思うので、今後の胸が熱くなる展開が楽しみでなりません。

今回も、黒澤のインスタグラム「武蔵の部屋」がスタートしています。こちらもドラマとあわせて楽しみな演出の一つになりそうです。温かく見守っていきたいと思います。

<文/瀧戸詠未>

【瀧戸詠未】

ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9165744