縁日風のドリンクシステムが楽しい焼きそば専門店「焼きそばスタンドバイミー」が2020年1月にオープン

大阪の行列店「人類みな麺類」にて修行後、2017年に京都の烏丸御池で独立オープンした「麺屋優光(代表:中田 康顕)」は、京都の中心部・烏丸御池にて、4号店となる新業態「焼きそばスタンドバイミー」をオープンいたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/202911/LL_img_202911_1.jpg
ソース焼きそば

■なぜ焼きそば専門店を?
京都で焼きそばは、ごく一部の専門店があるのみで、基本的には「お好み焼き・鉄板焼き屋」のサイドメニューとして長く親しまれてきました。
これだけ人気があり愛されている「焼きそば」を脇役ではなく主役にして、新たな魅力を生み出し、京都から世界へ伝えたいという想いに駆られたことが焼きそば作りのきっかけです。
ラーメン店「麺屋優光」で培った自家製麺作りの技術を活かし、試行錯誤を繰り返し、ソース、塩ダレに合う最高の自家製麺が完成するまでに約一年を要しましたが、満を持してオープンする運びとなりました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/202911/LL_img_202911_3.jpg
イメージ

■焼きそばの可能性は無限大
定番となるソース焼きそば、塩焼きそばに加えて力を入れているのが、新たな焼きそばの提案です。
第一弾は自家製太ちぢれ麺に10種類以上のスパイスを使ったチーズキーマカレー、玉子を合わせた「チーズキーマカレー焼きそば(950円)」。モッチリ麺と濃厚キーマカレーの組み合わせが堪能できるクセになる味わいに仕上がっております。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/202911/LL_img_202911_4.jpg
チーズキーマカレー焼きそば

今後も第二弾「麻婆豆腐焼きそば」、第三弾「カルボナーラ焼きそば」など従来の焼きそばにはなかった新たなメニュー発売を予定しております。鉄板の上で焼き上げることで香ばしさを纏った自家製麺と食材との出合いがもたらす「焼きそば」の新たな可能性は無限大です。

■V字型カウンター+木のぬくもりを感じる店内
店内は珍しいV字型カウンターを採用し、木のぬくもりを感じつつ、グリーンを基調としたスタイリッシュなデザインに仕上げております。各席の前に専用の引き出しがあり、割りばしなどを収納しております。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/202911/LL_img_202911_5.jpg
内観

■お酒、ソフトドリンクはセルフで
焼きそばを食べるなら、一緒にビールやソフトドリンクを飲みたいという方も多いかと思います。そこでカウンター内にアイスボックスを造作し、お客様が飲みたいドリンクを選びセルフで利用していただける縁日風のドリンクシステムにいたしました。
焼きそば専門店はゲストの滞在時間が短い業態になりますが、少しでも非日常体験をしていただき、お楽しみいただければと思っております。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/202911/LL_img_202911_6.jpg
ドリンク

【店舗情報】
店舗名 :焼きそばスタンドバイミー
営業時間:平日11:00〜15:00 17:30〜22:00
定休日 :木曜
席数 :カウンター9席
所在地 :京都市中京区姉小路通両替町西入柿本町411
開店日 :2020年1月12日(日)
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/202911/LL_img_202911_7.jpg
外観

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/0114/atp_200114_9648804694.html