銀座「日本最古のビヤホール」 ビール注ぎの達人の味を再現

伝統の「一度注ぎ」生ビールのおいしさ

写真を拡大

サッポロビールは、「サッポロ銀座ライオンビヤホール達人の生」を、2019年12月17日に数量限定で発売する。

苦み抑えた味わいとすっきりしたのどごし

現存する日本最古のビヤホール「ビヤホールライオン銀座七丁目店」のビール注ぎの達人、井上克己氏による伝統の「一度注ぎ」生ビールのおいしさを再現。苦みを抑えた味わいと、すっきりとしたのどごしが特長の麦芽100%ビールだ。カラメル麦芽を一部使用することで、やや濃い色合いに仕上げている。アルコール分5.5%。

パッケージには、「銀座ライオン」のロゴと商品名を大きく配置し、ビヤホールの本格感を演出。井上氏からのメッセージも掲載している。

350ミリリットル缶、500ミリリットル缶をラインアップ。

価格はオープン。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/1108/jc_191108_4507357345.html