『トイボックス』@東京都荒川区東日暮里(三ノ輪駅)

 一昨日の日曜日、お昼に連れを一応誘ったが外に出たくないということで、予定通り一人で伸び伸びと日比谷線で三ノ輪に。
変な言い方だが、東京都心は車無い方が小回りが効く。車はパーキングを探さないといけないしお金がよりかかる。鉄道と徒歩の方がいろいろと探索できる。
この2年近くあたためておいたトイボックスへ。東京2018ラーメン百名店の一つに選出されている。この百名店って、なんだろう?

食べログは9月24日、ユーザーから高い評価を集めた店を発表する「食べログ ラーメン 百名店 2019」を発表しました。「ラーメン 百名店」は今年で3回目の発表。「TOKYO」「EAST」「WEST」のエリア別に発表し、今回はTOKYOで29店、EASTで32店、WESTで30店が初選出という結果に。
TOKYOの百名店のうち、ユーザーの評価順のランキングベスト5は次の通り。
ラーメン 百名店 2019 TOKYO ベスト5
1位:中華そば しば田(東京都/仙川駅)2位:Homemade Ramen 麦苗(東京都/大森海岸駅)3位:麺尊 RAGE(東京都/西荻窪駅)4位:麺屋 さくら井(東京都/三鷹駅)5位:ほっこり中華そば もつけ(東京都/八王子駅)

東京の市区町村別に見た選出店数は、新宿区が最も多く10店。次いで千代田区・杉並区が前年から各2店ずつ増やし7店。初選出店のうち、“迂直”(杉並区)、“銀座 八五”(中央区)はともに2018年12月オープンながらすでに人気の行列店となり、百名店入りしています。初選出店は次の29店。
ラーメン 百名店 2019 TOKYO 初選出店
青島食堂 秋葉原店/千代田区、迂直/杉並区、大塚屋/新宿区、銀座 朧月/中央区、銀座 八五/中央区、寿製麺 よしかわ 西台駅前店/板橋区、自家製中華そば としおか/新宿区、純手打ち だるま/杉並区、神保町 黒須/千代田区、
SOBA HOUSE 金色不如帰/新宿区鯛塩そば 灯花 本店/新宿区、児ノ木/新宿区、中華そば さとう/大田区、中華そば 西川/世田谷区、中華そば 満鶏軒/墨田区、煮干そば 流。/北区、中華そば 和渦 TOKYO/品川区、中華蕎麦にし乃/文京区、真鯛らーめん 麺魚 本店/墨田区、卍力/江戸川区、麺 酒 やまの/練馬区、メンドコロ キナリ/中野区、麺屋 はし本/中野区、麺や金時/練馬区、麺LABOひろ/目黒区、RAMEN にじゅうぶんのいち/荒川区、ラーメン二郎 神田神保町店/千代田区、らーめん飛粋/大田区、らぁ麺やまぐち 辣式/江東区

 カウンターの8席しかないお店に20人以上の行列。休日お昼の1番混む時間帯に来てしまった。50分くらい外で待たされてやっとありつけた。
こ、これは凄い。今流行りの進化系鶏清湯スープだ。ひと口目から鶏の旨味、醤油のまろやかさ、キレのある醤油系というより何てまろやかな熟成した深い味わいなんだろう。
でかい1枚のロース豚チャーシューは高級ハムを食べてるような美味しい味わい。あとの具は青ネギと穂先メンマのみ。麺はなんて繊細な小麦で表面がツルッと柔らかく全体としては細麺で腰がある。
スープの鶏油は、さらっとしてまとわりつかない。鶏の旨味が凝縮されている。参ったな〜、少しも粗がないじゃないか。神保町の黒須、新宿のはやし田に匹敵する、今の時代に最強の醤油ラーメンだと思う。
醤油の返の中なのだろうか、鶏の出汁を採った中なのだろうか?自然のグルタミン酸系の昆布や椎茸などのまろやかな甘みを感じるのだけれど‥‥。とにかく素晴らしく美味しい醤油ラーメンだった。

 ここは麺の大盛りがないから、醤油と塩の2杯注文も頭をかすめたが、チャーシューご飯を追加オーダー。薄口味付けの繊細な丼だった。醤油スープとの相性がピッタリ。
トイボックス恐るべし!もっと早く来ればよかった。近いうちに塩と味噌を食べに来ます。ご馳走さまでした。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/suyan/e/c5f3ec02ed5d1b4ef1cd89d9a49521bc