【京都河原町】花咲く料理がやってきた! ~タカヤマ (TAKAYAMA)

河原町から南へすぐ、高島屋隣接に
12月9日オープンの
GOOD NATURE STATION
オープンしてすぐくらいにこちらをうろうろ
してて、2Fにステキなお店が集まりまくってる
ことに大興奮!!
2Fは特別な時間と食体験を提供する
「プレミアム・ガストロノミーフロア」に
なってるそうで、どのお店もテンション上がる!!
落ち着いたら行こうと思って正月終わりを狙って
行ってみることにしました。

タカヤマ (TAKAYAMA) さんです。
IMG_1657
こちらはイタリアの一つ星、クレシオスさんの
スーシェフをされてた高山シェフのお店!
それは絶対行ってみたいや~ん(๑>◡

「心地よさ+トキメキ=幸せ」をテーマにした
“TAKAYAMAらしさ” を
というコンセプトで楽しませてくれます。
きゃ~~~~~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
行く前からテンション上がるわ!

お店は白と黒のモノクロの世界。
IMG_1656
厨房をぐるっと囲ったオープンキッチンです。
きゃ~~~~~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
素敵!!

カトラリーは引き出しの中にあります。
IMG_1647
言われる前に見つけてこそっと開けちゃった
あたしは見てないふりしてこそっと
閉めときました(ノ≧ڡ≦)

コースはおまかせの1種類。
20,000円(税抜)です。

そして、別に水は有料にあり、最初に
ガスありかミネラルウォーターか選びます。
あたしはガスありで。
800円。

まずは、ソムリエさんから
シャンパーニュのプレゼント。
IMG_1655
これ嬉しい~ヾ(≧∇≦*)〃
上品ですっきりしたシャンパーニュ~♪
おいしくてすぐ飲んじゃうよ~(●´ω`●)

そして、うやうやしく、香炉のような
器がやってきます。
IMG_1654
ドライアイスで冷やされてて煙がふわっと
漂いでてるのも幻想的~。
蓋を取ると、中からは不思議な食べ物が!

★ゆずとジンジャーのジュース
 ホワイトチョコレート

IMG_1653
え?
ホワイトチョコレート???
しかも、何??
チョコレートにQRコードが!!
これを読み込むと、なんと、本日の
メニューのページに飛べるんです!
きゃ~~~~~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
斬新!!
素敵!!
こんなん大好物やわ~~~~~!!
楽しいし、メニューが出てくるから
わかりやすい!
助かる!
嬉しい~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
読み込んでから一口でぱくっと行くと、
口の中でゆずとジンジャーのジュースが
溢れ出てきます。
ん~~~~~(≧ω≦)
酸味すごい!
でも、ホワイトチョコレートとに包まれてるので
ホワイトチョコの甘味がすぐ追ってきます。
スイーツからスタートなんておもしろ
すぎるわ~。

またまたうやうやしく白い箱がやってきます。

★イカ墨液を染み込ませたポテトチップス
 九条ネギのサワークリーム
 ジャパンキャビア(宮崎産)  アリッサム

IMG_1652
ぱかっと箱を開けるとキャビア~~~!
そして、かわいらしくアリッサムが咲いてます。
IMG_1651
これも一口で♪
キャビアの濃厚な旨みと塩気が九条ネギの
風味あふれるサワークリームと相俟って
お酒がすすむ~~~❤

★サフラン大福 フォアグラのムース
 コンブチャシロップ ディル

IMG_1650
いや~~~~ん、これも楽しい~ヾ(≧∇≦*)〃
もっちもちの一口餅の中にフォアグラのムース!!
そして、不思議な旨みがくるわ~って思ったら
昆布茶シロップって!!
なんておもしろい食べさせ方してくれるの~ヾ(≧∇≦*)〃

★キノコのロールケーキ 発酵椎茸のパウダー
IMG_1649
目の前に来る前から香りがふわぁぁぁん。
椎茸のいい香り~(●´ω`●)
下にはふわふわしっとりのロールケーキ。
IMG_1648
ほ~んのり甘いけどスイーツでない
きわきわのお料理。
これがなんとも優しいね~。

そして、前菜のオンパレード!!
IMG_1646
なにこれ!?
やば~~~~~~~いヾ(≧∇≦*)〃

★ワカサギのフリット
 梅干しのピュレ アマランス

IMG_1640
軽くてサックサク!
ワカサギの大人な苦味がたまらない!!
梅干しの酸味がアクセント。

★ヨコワマグロのお刺身 オータムポエム
 レモンバーベナのオイル

IMG_1644
普通にお刺身ってだけでもおいしいのにいろんな
香味やクセが旨味に奥行きを出します。
このハーモニーがステキすぎる💛

★金目鯛の炙り バーニャカウダソース
 玉ねぎのチュイル

IMG_1642
わぁ!
これは濃厚!
淡白な金目の旨味がバーニャカウダで
コクが出まくってる~ヾ(≧∇≦*)〃
玉ねぎの甘味が加わってたらまんやつ!

★サブレ
 北海道産ウニと南瓜のピュレ
 ジンジャークリームソース

IMG_1641
いや~~~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
なんなの!?
めちゃめちゃ楽しいやん!!
ウニが乗ってるから楽しいだけではないよ!
南瓜のピュレがゴリラの形!
めっちゃゴリラ乗ってるやん!!ヾ(≧∇≦*)〃
なんなんこれ~~~~O(≧▽≦)O
南瓜が入るともさっとするかな~と思ったけど、
ウニの旨味がしっかりしてるので負けてない!
サブレの香ばしい風味と南瓜の甘味が
加わってうおぉぉぉいしぃぃぃぃ~❤

★高山餅
 タコとセロリのトマトソース

IMG_1645
わぁ!
これも楽しい!
小袋に入ってて、それを破るふわっと
香ばしい。
IMG_1639
餅というよりパイ生地みたいな感じで
中からフルーティーでおいしい具が
口の中で踊りだすよ~(๑˃̵ᴗ˂̵)
ウマ━━━━━d(≧∀≦)b━━━━━イ!!!!

★甘海老 春菊のジュレ
IMG_1638
これも美しいですね~。
春菊の苦味がしゅっと味を引き締めてます。
やわらかな甘海老の甘味と重なると極上!

おいしすぎてすっかりお酒がなくなっちゃい
ました。
よかったらペアリングいかがですか~と
言われたんですが、弱いからペアリングまでは・・・
と断りました。
そしたら、少な目で・・・と提案されたので
かな~~~り少な目で合わせていただくことに
しました。

★松の司
IMG_1637
え?
ここで日本酒持ってくるの??
あたし的にはジャンルにこだわらず
いろんなのを合わすのが好きなので、
このパターンも大好きヾ(≧∇≦*)〃
しかも松の司の黒ラベル!!
きゃ~~~~~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
軽くてフルーティーで洋梨のような香りが
たまらない!!
お料理とのマリアージュが最高やん!

★スモークホタテ 自家製スペック
 バジルのつぼみ ケールのオイル

IMG_1636
これも美しいですね~。
自家製スペックとは生ハムのことで
ほんのりあったかくて口に入れると
とろりととろけるぅうぅぅ(*´Д`)
IMG_1635
やわらか~なホタテと一緒になって、
艶めかしくてろりと旨味を奏でます。
うわぁぁぁぁ、これもおいしいなぁぁ。
バジルの香りも素敵~(●´ω`●)

★鱈白子の天ぷら 湯葉
豆腐のエスプーマ 九条ネギのオイル

IMG_1634
わぁ~、今度は球体の器。
ぱかっと開けると白い泡。
豆腐のエスプーマで中には白子の天ぷらが
隠れてます。
IMG_1633
口の中で白子独特のミルキーな旨みが
とろり~~~ん!
いや~~~~ん、これもやばぁぁぁいヾ(≧∇≦*)〃
さっくりとろとろ素敵過ぎる~!

★Longariva Gramine
FullSizeRender
華やか~な香りでコクがありますね~。
すっきりしててお料理といただくとさらに
おいし~~(๑˃̵ᴗ˂̵)

★紅蕪のポタージュ 2種類のボッタルガ
IMG_1632
きゃ~~~~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
これもきれい!!
スープに花が咲いたみたい!
なめらかで蕪の旨味がしっかりでてて
じわぁぁぁっと栄養が入ってくる感じ~。
なんだか、体が清浄されてる感じ~。
カロリー0かなぁ~ヾ(≧∇≦*)〃
(しつこいですが、0ではありません)

★菊芋のプリン コリアンダーのオイル
IMG_1631
こちらも普通のプリンみたいなところに
ぽとっぽとっとコリアンダーのオイルを
落としてくれます。
菊芋がほのかに甘くてやさしい旨味。
そこにコリアンダーの香りや風味が
加わるとまた違ったアプローチの旨味が
たまらない!
わぁ!
これ合う合う!(。✪‿✪。)♡

★自家製パン
IMG_1630
発酵バターとヨーグルトのクリームが
添えられてます。
このパンめっちゃおいし~ヾ(≧∇≦*)〃
酸味があるけどお料理とめっちゃあって、
もっちり。
香りがすご~~~い!
うわ~~~、いっぱい食べたいけど、
これ食べきるとお料理食べられない・・・。
もって帰りたい・・・(ノД`)・゜・。
販売してほしい・・・(ノД`)・゜・。

★天然鯛 オータムポエム
 九条ネギのオイル

IMG_1629
ふんわり鯛の身の上に花畑のよう。
合わせていただくとこれまた複雑!

★Angiolino Maule
IMG_1628
結構回ってきてたのですご~~く
少なめでお願いしました。
独特の香りや味わいがありますね~。
思ったより辛口で果実味があっておいしい~(●´ω`●)

★ひね鶏のつくね 鶏皮と黒キャベツのパウダー。
IMG_1627
ぎゃーーーーーーーーーーーΣ(゚Д゚|||)
足出てる~!
とか、言いながらこういうビジュアル
あたしは大丈夫なタイプなので、
ひっくり返して撮ってみる(*´з`)
IMG_0816
こんなつくね初めて!
いろんな旨味と食感が楽しめてこれもやばい!
なんておもしろい!
.
★ドライエイジングビーフ 本日の熟成肉
 ビーツのピュレ フォンドブルーノ

IMG_1625
ほわぁぁぁぁ・・・
なんてきれい!
このお肉の色っぽいこと(*´Д`)
熟成肉なので旨味が深くなってて、それでいて
やわらかい!
これもジワリと味覚を刺激してたまりません!
゛6((((≧▽≦))))9″シェイク♪シェイク♪゛6((((≧▽≦)))) 9″

★自家製ラビオリ 卵黄ソース
 パルミジャーノレッジャーノチーズ
 ペコリーノロマーノチーズ 黒胡椒
 マリーゴールド

IMG_1624
うわ!
なに?このかわいい子は!?
スプーンの上に花が咲いてるみたいやんヾ(≧∇≦*)〃
いちいち素敵なんですけど~~~~!!
一口でぱくりと食べるともっちりラビオリの
中からソースがでてきてこれもたまらん。

★Sogno di Bacco
IMG_1623
オレンジワインかと思ったら白ワインだそうです。
香りはやさしいけど結構しっかりめのワイン。
あたしはちょっと苦手系。
ところがお料理と合わすとあら不思議!
おいしくなっちゃうからすごい!
さすがのマリアージュ!

★蒸しご飯 醤油麹 牡蠣
台湾のお醤油 イチボ肉

IMG_1622
お寿司っぽい感じですが全然違う。
むっちりしたご飯に牡蠣や肉の味が
絡み合ってなんとも複雑。
繊細だから余計に旨味がひとつぶひとつぶ
わかるような感じ。

★自家製タリオリーニ ひね鶏と野菜のブロード
IMG_1621
目の前でスープを掛け入れてくれます。
IMG_1620
この一口サイズが嬉しいですね~。
上品で澄んだスープ。
IMG_1619
タリオリーニにすっきりしたスープの
旨味が絡んで絶妙!
じわぁぁぁっと滋味あふれる味わいが
たまりません!
ウマ――ゝ(*´Д`)ノ―→ッ!!

★フルーツの盛り合わせ
IMG_1618
いろんなフルーツが少しずつ♪
贅沢ですね~。
どれも甘味が最大限に引き出されてて
すっきりおいし~。

★甘酒のアイスクリーム にっこり梨
IMG_1617
きゃ~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
また、なんてかわいいの!?
またまた花が咲いてるよ~ヾ(≧∇≦*)〃
IMG_1616
梨が花にカットされててアイスをデコレーション。
IMG_1615
中にある甘酒のアイスがまろやかで香りが
やさしくてこれまた激旨!!
思わず笑顔になっちゃう!
゛6((((≧▽≦))))9″シェイク♪シェイク♪゛6((((≧▽≦)))) 9″

★エスプレッソ
IMG_1614
酸味がしっかりめで珈琲がフルーツだったと
認識できる味わい!
これもおもしろいですね~。
こんな酸味しっかり目のエスプレッソなかなか
ないよ~!
でも、嫌な酸味でなくおいしい酸味!
すっきりリセット。
は~~~~、おいし~~~~(●´ω`●)

そしてこれで終わりでないんです。
お土産にチョコレートとベッコウあめ!
IMG_1613
きゃ~~~~~~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
嬉しすぎる!!
うちに帰って食べてみましたが、
チョコレートはそれぞれに風味が違ってて
どれもおいしい!
普通のよりかなりミルキーな感じでクセになる!
これめちゃうま~~~~~~~~~~ヾ(≧∇≦*)〃
これも販売してほしい~~~~!!
ベッコウあめもおいしくてたまらない!
゛6((((≧▽≦))))9″シェイク♪シェイク♪゛6((((≧▽≦)))) 9″
最後の最後まですごいよ~~~~~!!

全体的に器が白系でお店全体が統一された
無機質な感じ。
それをお料理で華やかに彩っていってて
なんともココロオドル幸せな時間でした。
ホスピタリティも素晴らしくいろいろ
お話してくれながらのお料理を披露していくのは
さながらショーを楽しんでるかのよう。

これでお酒はハーフのペアリング扱いになって
全部で30580円。
高~~~~~~~~~い(ノД`)・゜・。
すっごい少しだけずつしか飲んでないのに
きっちりハーフ扱いなのね~(^_^;)

正直、ペアリングはもう少し安くしてくれると
嬉しいなぁとも思うけど、このクォリティなら
いいかも。
今度はもっと飲めるようにして悔いなく飲もう!(๑•̀ㅁ•́๑)✧

お高めですが、絶対行く価値ありありの
素晴らしい魅惑のお店です。

インスタもやってます。
フォローしてね~♪
https://www.instagram.com/samemoon917/

めっちゃおいしかった!
ごちそうさま!
また行きます!

あなたのぽちっとが励みになります(≧▽≦)
 ↓
食べログ グルメブログランキング
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連ランキング:創作料理 | 京都河原町駅祇園四条駅清水五条駅

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://naochen.blog.jp/kyotokawaramachi_takayama.html