よくばりらーめん@博多らーめん Shin-Shin(香林坊大和 大九州展)

今日もお休み、まあ明日から6連勤ですが。
さて今日から香林坊大和で「大九州展」が開催されるというので早速行ってきました。

目的は大宰府名物「かさの家」さんの梅ヶ枝餅です。
予想通り開店前から多くの人が待っています。
開店と同時に階段ダッシュで8階まで駆けあがり、なんとか先着30人限定のよもぎ入り梅ヶ枝餅をゲットすることができました。

目的を果たしたところでもうひとつの目的を。
それがイートインコーナーに出店しているこちら。

博多ラーメンの人気店「Shin-Shin」さんです。
一度は食べときたいと思っていたのでいい機会です。

イートインは10時半からということで並んで待ちます。
時間になり順番に食券を買います。
私の番になりせっかくなので『よくばりらーめん』(1,067円)を選びました。
博多のお店では『全部のせらーめん』と称してるものですかね。

席に座りスタッフさんに食券を渡します。
卓上には調味料もいろいろそろっています。

5分かからずに出てきました。
丼はお店から持ってきたのですね、本格的です。

さっそくいただきます。
白濁したスープは豚骨だけでなく佐賀県のブランド鶏「ありたどり」のガラや香味野菜も使っています。
臭みはなくあっさりしながらもコクがあって口当たりがいい。
これは女性や年配の方でも抵抗なく味わえる味。

麺は地元の川部食品さんと共同開発したストレートの極細麺。
硬めに茹でた麺は時間の経過とともにスープになじみ啜り心地が変化します。
小麦の風味も感じられていいですね。

トッピングはチャーシューと煮たまご、きくらげ、博多ねぎです。
きくらげは刻みタイプ、コリコリ食感がたまらんばい。

チャーシューは豚バラ肉をロールして醤油ダレで煮込んだタイプ。
厚めに切られたものがひいふう…なんと7枚も。
肉好きにはたまらんでしょうね。
最初食べきれるかと思いましたが杞憂に終わりサクサクといけちゃいました。

煮たまごは縦半分にカットしてあります。
黄身はトロ感は控えめですがおいしくいただけます。

途中で卓上の紅ショウガやゴマ、唐辛子味噌をトッピングして楽しみます。
これに辛子高菜もあったら最高ですね。

ちゃちゃっと完食。
おいしくいただきました。
物産展ということもあり替玉できないのが残念でしたが十分満足しました。
ああ博多に行きたいなあ。
大九州展は22日(水)まで開催です。

あ、学問の神様菅原道真公が祀られている太宰府天満宮の学業鉛筆もいただきました。
これで咲ちん志望校に合格するといいな(^_^)v

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/danna9056/e/31b30a9bc20f46bcc05c2840aa193c09