トロッとなりかかった里芋の、甘く優しい味わい…  朝晩がちょいと肌寒くなったら、ついつい食べたくなる「のっぺいそば」 中野・大村庵

のっぺいそば(リフト) 19.10.14    230

私は通人では無いので…
“せいろ”より、“汁そば”が好きだったりします。

それは、出汁の香りと蕎麦の香りが
温かい蕎麦つゆの湯気と共に鼻腔を刺激し…

つゆを飲み干せば、
心穏やかな気持ちになれるからです。

この店のつゆは、
宗田鰹節と鯖節、昆布と焼きあごを使った
出汁を使っているので、
味わいに奥行きが有り。

心のこもった、
大女将の接客がなんとも可愛らしくて
ほっこりとした気持ちにさせてくれるので
足しげく通ってしまいます。。。

その店の名は、中野の大村庵さん

朝晩がちょいと肌寒くなった今の季節、
ついつい食べたくなるのは、
「のっぺいそば」

たっぷりと加えられた、
ごぼう、椎茸、なめこからの、
豊かな香り!

そして、豚肉とさつま揚げからは
旨みとコク。

トロッとなりかかった里芋の
甘く優しい味わいが…

つゆにトロミを与えて
全体をひとつにまとめ上げ。

ほうれん草が、
穏やかなつゆをキリッとした
蒼さで引き締めています。

そう! 醤油は香り付け程度の使い方。

野菜の花束のようなつゆが
すっと心に忍び込んで
穏やかな身持ちにさせてくれるんです。。。

https://30min.jp/place/195319/blog/ 

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/mgmfan/archives/54000321.html