三平(京都 上桂):一味なにか足りない、お弁当のお味、塩がきつい

 盛り合わせの小(エビフライと脂のないとんかつ80g)定食1,600円位、ビール(500円+お通しの枝豆300円×2名で1,100円+税)、枝豆は茹で置き。

 結構待たされる、肉は叩いて柔らかい、上野の井泉や青山のまい泉(あおやまいせんの略)の系列。よって肉のうまみより柔らかさ重視。下味の塩がきつく、衣は厚め。お弁当の総菜みたいな感じ。梅肉ソースが面白い。下味の塩で辛子だけの方が味わいを感じる。ソースはまあまあ。

 エビフライは大きいがちょっと臭いがある。タルタル・ソースはたっぷり。

 キャベツは切り置きで、粗目。ドレッシングは白と醤油系の2種類だが白が好みだった。お代わり。

 お汁は、いり子出汁を感じるもので秀逸。ご飯は普通だが、白菜の漬物の塩気が強く東京のとんかつ屋を思い出した。塩こぶは薄味でよかった。

 上桂で貴重な、小ぎれいで行き届いたお店だが、ちょっと割高感と、豚のうまみを感じなかった。とんかつというより総菜だ。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/n7yohshima/e/afc29cd428d6203200c4f8ede6f8f6c7