吉野町 流星軒 赤だしワンタンパンチ

2019.11.3

文化の日。
何にもしてないけどとりあえず食文化は堪能しておこうと、流星軒へ。
川の先の上とのコラボ第2弾となる赤だしワンタンパンチをいただいてきました☆

最初におっ!っと思ったのはなめこ。
なるほど、赤だしといえばなめこの味噌汁ですから、これが合わないはずがありません。
三つ葉の香りとの相性も言わずもがなですよね。
パンチのあるコクと後引く酸味の中から柚子の香りがスパッと切りこんできます。
レギュラーのパンチは(もう久しく食べてないけど)カレースパイスの香りが効いていますが、こちらは赤だし味噌が堂々と主役を張っていますね。
箸休めにはシャキっとパプリカです。

川の先の上製の中太麺はかなりな手もみ縮れがついていて、ツルツルのプルプル。
赤だしを纏った薄切りの玉ねぎや挽き肉なんかも絡んでくる麺をワシワシ食べれば美味い!

ワンタンをハフハフし、七輪炙りのチャーシューやエリンギを食べ、ついついスープをいっぱい飲んでしまったらもうお腹いっぱいですね。

ラーメン大賞名店味噌部門第1位おめでとうございます☆
↑久しぶりに買いました^^

ご馳走さまでした☆

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/tamaho_10/e/4d41fc9abd6b1d8d3315ee3c5ab1f5bc