大盛り玉子かけごはん定食 まどか村 喫茶さらら

関西で立ち食いそばと言うと、駅の立ち食いそばという事が多い。
だいたいが電鉄会社の系列のお店で、その電鉄会社の名を冠していた。
関東でも電鉄会社の駅ナカ立ち食いそばはあるけれど、
やっぱ独立系の立ち食い蕎麦屋さんが多い。
それも有名なチェーン店だけでなく、
独立独歩のこじんまりした立ち食い蕎麦屋。
その風情が粋で素敵だけれど、なかなか暖簾を潜れないんだな(*´з`)
子供の頃、最寄り駅の立ち食い蕎麦で食べるのが楽しみだった。
当時の立ち食い蕎麦屋さんは、ざる蕎麦にはうずらの卵が付いていた。
そのうずらの卵が食べたくて、真冬でもざる蕎麦を食べていたなぁ(*‘∀‘)
そんな事を想いだしながらリード文を書いているにもかかわらず、
何故だか画像はかけ蕎麦なのはご愛嬌という事で・・・(*^^)v
10月31日 木曜日。
この日は久しぶりに生駒市のお取引先さんを訪れた。
久しぶりに訪れたついでにやってきたのは、
《まどか村 喫茶 さらら》
養鶏会社さんが営まれる道の駅っぽい施設。
今春以来3度目となる訪問はお目当てがあったから・・・。
まずは入店メニューチェック。
消費増税後もお値段は変わらず。
メニュー構成もそのまんま・・・(*´з`)
さて、そのこちらを訪れたお目当てというのは、
『大盛り玉子かけご飯定食』(450円)
名物玉子かけご飯を食しにやって来たであぁ~る・・・( ´∀`)
前(18年5月)に来た時は普通盛りを食べた。
普通盛だと玉子一個にご飯茶碗の白飯。
大の大人の昼御飯には少々控えめすぎる分量だった・・・。
で、今回は大盛りにしてみた!
すると、
玉子はふたつになっている。
ご飯も、
丼鉢に大盛りだ!
炊きたてで艶やかな奈良県産米の白ご飯に玉子ふたつを割り落とす。
温かご飯にきれいな色した玉子の黄身がよく映える。
少し小さめの黄身が二つ並ぶ姿はけっこう可愛らしい・・・(´▽`*)
その一つをお箸で突いて、
手前半分の白ご飯全体に馴染ませる。
そしてリフティング!!
いい具合に白ご飯が卵に塗れてる(´▽`)
それをエイヤ!と口に放り込むと・・・美味い!
しっかりした黄身の味の濃さがメッチャ美味い!
久しぶりに食べて段々と記憶が呼び戻されて来た。
あぁ~、やっぱり大盛りにして正解だ(´▽`)
実はこちらの方面のお取引先さん、
この秋で担当を変更する事になった。
長らくお世話になりましたがこの日で最後。
最後に選んだお店で美味しい玉子かけご飯が食べられた!
またいつの日か戻ってくるゼイ(´▽`)
ごっそーさんでした(^^
【過去のまどか村喫茶さらら】
・2019.04.04・・・ジビエ(鹿)カレー
・2018.05.14・・・玉子かけご飯定食

変わり映えせず済みました・・・

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/hirudoki-hirujibun/e/7a9e8a9e8df4a976187f00d64e525192