金亀亭

上士幌の金亀亭ランチ。

お茶は急須と湯呑みが運ばれて来ましたからね、そこから先はセルフなのでしょう。まずはお茶っ葉を入れてお湯を注ぎます。

ところが、久々に持つ急須は勝手がわからず…、注ぎ口から出て来るよりフタから流れ出る方が多いんだもの。

なのに茶碗は8つ。焦ります。もっと練習しよう。

豚丼到着。肉厚な豚肉が幾重にも重なっていて、幸せな気持ちになりますな。しかもツユだくはワタクシ好み。炭火焼きですよね、香ばしい。

ガリのようにも見えたけど、大根の漬物でした。これまたシャキシャキで味わい深し。 

あら、ナメタケと大根おろしの小鉢まで添えられています。これも好物、

ありがたい。

肉の下にはスライスされた玉ねぎが敷かれています。 

そうそう、ここにはメガ盛りメニューもありました。ワタクシは頼め無かったけど、お隣さんが注文したものをパチリ。 

ドンブリもラーメン用のような…、ただただ驚きます。

それをペロッと食べちゃうんだから、若いっていいなと改めて思いましたわ。

帰り際、奥の部屋に案内されていたので、気にならなかったのですがね。入り口付近にカウンターがありました。のんびりお酒でも…、そんな楽しみ方もあるのでしょうか。

気になります。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/miyattyo3828/e/fc00cb90b12ea1a203c6d728f809a7d5